ODRを用いた取引上のトラブル解決のためのプラットフォーム「Smart Judgement」
Smart Judgementは、チャット形式で顧客と会話しながらオンラインでトラブルを解決するODR(Online Dispute Resolution)サービスです。取引にまつわる苦情の処理や返品・返金の対応をオンラインで完結させることにより、解決までにかかるコストや時間を削減し顧客満足度を高めます。もし顧客との交渉が合意に至らなくても、司法の専門家を交えたオンライン調停を行い和解へと導きます。

導入のメリット
少額かつ短期間での解決
解決までの対応を全てオンラインで実現することで、低コスト化と迅速化を図ることができます。
内容は非公開
顧客とのやり取りは、裁判と異なり全て非公開、かつセキュアな環境で実施されます。
専門家による公平な解決
法務省認定のADR※認証を取得した提携機関の専門家が、調停人として公平なトラブル解決を行います。
トラブル解決を幅広くサポート
苦情申立てから交渉、調停までを一貫して行えるだけでなく、各申立ての解決状況の管理まで一貫してサポートします。
柔軟な運用が可能
事業者様のニーズに合わせ、トラブル解決スケジュールや表示項目の変更、調停のみの導入など、柔軟に対応できる設計です。
安心のサポート体制
障害発生時でも迅速に対応できるサポート体制を整えていますので、安心してご利用いただけます。
国際規格に準拠
APEC(アジア太平洋経済協力)が提唱するODRの手続きに関するフレームワーク※に日本で初めて準拠しています。
企業ブランド力アップ
Smart Judgement導入によりカスタマーサポート体制を強化することで顧客に対する誠実な姿勢を示すことが出来ます。

※ADR(Alternative Dispute Resolution、裁判外紛争解決)は、訴訟手続に依らず公正な第三者が関与し、「簡易・迅速・柔軟」に民事上の紛争を解決する手段として広く活用されています。

※APEC Collaborative Framework for Online Dispute Resolution of Cross-Border Business-to-Business Disputes - Endorsed

APECが提唱するフレームワークは こちら をご参照ください。外部サイト(英語)へ移動します。

ご利用方法
Smart Judgementは分かりやすい画面と簡単なステップでご利用いただけます。取引トラブル解決にいたるまでの手続きを全てオンライン上で実現します。
トラブル解決までの流れ
苦情申立て
顧客がSmart Judgementの申請フォームよりへ苦情申立てを行います。
事業者様は通知メールを確認し、7日以内に苦情申立てへの回答を行います。
交渉  10日以内(標準)
顧客と事業者様はチャット形式でやり取りを行い、トラブル解決を行います。
期間内に交渉不成立の場合は調停へ移行します。
調停 ※交渉不成立の場合 10日以内(標準)
調停人を交えた三者でやり取りを行います。調停人とのプライベートチャットも可能です。
調停 ※交渉不成立の場合 10日以内(標準)
調停人を交えた三者でやり取りを行います。調停人とのプライベートチャットも可能です。
和解
事業者様は顧客との合意内容に基づいて返品・返金などの対応を行います。調停で和解不成立の場合も手続きは終了します。
導入までの流れ
事業者様のニーズに基づき、詳細設定を行ったうえでSmart Judgementをご提供します。まずはお気軽にお問い合わせください。
お問合せ
担当者より詳しいご説明および事業者様へのヒアリングを行います。
要件確認、お見積もり提示
個別の要件をお伺いし、お見積もりを提示します。
ご発注、設定
ご発注後、要件に基づいて詳細設定および個別カスタマイズを行います。
納品、導入
トレーニングやマニュアル作成のサポートもご相談ください。
お見積もり、 デモの依頼等、Webお問い合せフォームよりお問い合わせください。
お見積もり、 デモの依頼等、Webお問い合せフォームよりお問い合わせください。
お問い合わせ